2007/04/01

楽器の話 弓編



bow
Charles Alfred Bazin(スタンプ Dupuy a Paris)
バザンファミリーの末代の作品。
J. F. Raffinの鑑定書によると1955年と.................。
オクタゴンスティック, 128gはフレンチボウでは軽量な方かと。

松脂はちょっと前まではLarsen の"cellist"をつかってたけど、今はMELOS CELLO lightを使用中。
粉タイプで、引っかかりは結構多いほうかな、Larsenほどのネバリはない。
と、ここまで書いてふと思ったけど、両方混ぜて使ったら結構ええ感じかも....。

0 件のコメント: