2007/10/15

魂柱


エンドピンを抜いた穴から覗いたベース内部、右の柱が魂柱

魂の柱と書いてコンチュウとはよく言ったものだ。
弦の張力を支えるのと同時に表板の振動を裏板に伝える役目を担っている。これなしに弦を張ると楽器の表板は壊れてしまう。立てる位置、角度、向きで音が大きく変わる。一応基本的な立て方のセオリーはあるけど、セオリー通りに行かないし音の好みもある。
駒を調整したりテールピースをいじったり、弦を変えたりするごとに微調整が必要。
これが結構めんどくさい作業で、弦を全部はずしてエンドピン抜いて、穴からのぞいてまっすぐ立ってるかどうか確認したり、f字穴から鏡を差し込んで接点を確認したり、弦を張って試し弾きしてみて、思うような音色にならなかったらまた弦をはずして......と、低音弦が鳴るようになったら高音弦側がしょぼくなったり、その反対も..、どのあたりで音のバランスをとるかは難しいし、結構時間と労力がかかる。ので頻繁にはやらない。
今回は駒を少し薄く削ったので調整した。弓への反応が早くなったのと音量もちょっと大きくなったように思う。

0 件のコメント: