2007/10/16

アンプ等々

エレクトリック関連
マイク
Schertler "DYN-B"

これはボディに貼り付けるタイプのダイナミックマイク。
マイクなんでアンプとつなぐケーブルは当然マイクケーブル(XLRケーブル)になる。
ダイナミックマイクなのでファンタム電源はいらないけどインピーダンスマッチングの為にプリアンプは必要
専用の粘土みたいので楽器に貼り付けるのだが貼る位置で音色が結構変わる。コネクター部分に位相を変えるスイッチが付いていてそれを操作してもちょっと音色も変わる。ピエゾ式ピックアップのように電気電気した音にならないのがよい。中低音が強く"抜け"の悪い音になりがちで使い方に改善の余地有。

プリアンプ
Schertler "PRE-AⅡ

つまみが5つだけのシンプルなプリアンプ 電源をコンセントからわざわざとらないといけないのがちょっと面倒。GainとVolumeのほかはbassとtrebleとresonance。中域が欲しいときはbassとtrebleを両方ともグイッと落とす。resonanceは正直使い方がいまいちよくわからない。「180hz付近の特定の周波数をカットする」ということらしい。

アンプ
Schertler "SIDE"

8インチウーファーに150w + 1インチツィーターに35wと二つのパワーアンプでドライブするバイアンプ方式、トータル180w。
これはアンプというよりかパワードスピーカー。小っさいのに低音域がすごくよく出る、しかも歪まない。なおかつ小型軽量(10kgくらい..?)

0 件のコメント: