2007/12/02

tailgut

先日書いたのだが、今日ようやくtailgutの交換をした。ワイヤーのtailgutから本当の腸で作られたtailgutに変えたのだ。

端部を焼いてコブのようにしてから、1mm弱の太さのgut(ガンバのgut弦)を3重くらい巻きつけて縛ったものを片側3~4箇所作る。





おそらく伸びると思うのでテールピースはサドルにぎりぎりの位置になるように結び目を付けた。




チューニングが落ち着くまで1週間はかかるだろうから正当な評価はその後でないと出来ないが、ちょっと驚きの変わりよう。音は柔らかくなって、響きは増大、反応良好。
なにより音色がなんと表現したらいいのか....、とにかくすごくいい。弾くのが楽しくなってくる。

2 件のコメント:

zaiko さんのコメント...

いつも革新的なグッズの数々に敬服いたします。。そのガットはどこで手に入れたのですか?今度ライブも見学させていただきます。

bassman さんのコメント...

zaikoさん、久しぶり!
テールガットはGamut社の5.2mmのものです。
http://www.gamutstrings.com/
これはかなりいいよ。反応の即応性は特筆ものです。取り付けはちょっと技術がいるけどね。
ライブにもぜひ遊びに来てくださいね。ベース談義しましょう!